お子さんの輝く笑顔を守ります~小児歯科~

お子さんの輝く笑顔を守ります~小児歯科~

小児歯科では、乳歯が生えはじめた乳幼児から永久歯に生え替わる12歳くらいまでのお子さんを対象とした治療と予防ケアを行います。お子さんのお口は、大人に比べてとてもデリケート。まだ乳歯だからといってケアを怠っていると、永久歯への生え替わりでトラブルが起きてしまうこともあります。

佐倉市染井野の歯医者「スター歯科」は、長期的な視点に立った口腔ケアで、お子さんの健やかな成長をサポートしていきます。キッズスペースを完備し、診察時には親御さんも一緒に診察室に入っていただくなど、楽しく通える、安心して治療を受けられる環境を整えておりますので、お子さんのお口の健康に少しでも不安を感じたらいつでもお気軽にご来院ください。

小児歯科メニュー

歯みがき指導
歯みがき指導
歯の健康を守るには毎日の歯みがきが大切。お子さんの歯の状況に合わせた、適切な歯みがき方法をお教えします。親御さんには仕上げみがきのコツもアドバイスしています。
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素には歯質を強くする効果があり、定期的に歯の表面に塗布することで虫歯になりにくい歯をつくることができます。また、フッ素には歯の再石灰化を促す作用もあり、ごく初期であればフッ素を塗るだけで虫歯が治る可能性もあります。
シーラント
シーラント
奥歯の表面の溝は複雑でプラークが溜まりやすく、歯みがきが不十分になりがちです。シーラントは、この溝をあらかじめ歯科用樹脂などで埋めてしまうことで虫歯を予防する方法です。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯
本来生えてくる歯の本数以上に生えてきた余分な歯を「過剰歯」といいます。過剰歯は永久歯の歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼす恐れがあるため、多くの場合抜歯が必要となります。

お子さんが楽しく通える環境を整えています

お子さんが楽しく通える環境を整えています

自分自身の歯で一生を過ごすには、小さいころからの定期的なメインテナンスが欠かせません。当院では、お子さんに楽しく通っていただける歯科医院をめざして、さまざまな工夫をしています。

box

キッズスペースを完備しています

待ち時間も楽しく過ごせるように、キッズスペースを設置しました。


親御さんも一緒に診察室に入れます

当院では親御さんもお子さんも安心して治療を受けていただけるように、「親子同室」としています。なお、診察室はゆったりとした広さがあり、小さなお子さんをベビーカーに乗せて入室していただけます。


診療中もお子様の様子をご確認いただけます。

個室診療室には小さな窓があります。そこからキッズスペースが確認できますので、安心してご診療いただけます。


治療後のご褒美を用意しています

頑張ったお子さんたちに笑顔で帰っていただけるように、ご褒美のプレゼントを用意しました。これを楽しみに来院されるお子さまも!

マイナス1歳からの虫歯予防

マイナス1歳からの虫歯予防

「マイナス1歳」とは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時期のこと。お口の中に虫歯菌をまったく持っていない状態で生まれてくる赤ちゃんも、1歳半から2歳半ぐらいまでの間に周囲の大人、おもにお母さんから唾液を介して感染してしまうことがほとんどです。つまり、お母さんは妊娠期に虫歯を治療しておくことが大切ということ。これがマイナス1歳からの虫歯予防です。

出産後は、赤ちゃんへの虫歯菌感染を防ぐために、大人が咬み砕いた食べ物を食べさせたり、コップやスプーンを共有しないようにしましょう。キスや頬ずりなどのスキンシップが原因で虫歯菌をうつしてしまうこともありますが、あまり神経質になりすぎて、赤ちゃんとの触れ合いが減ってしまうのもよくありませんね。まずはお母さんをはじめ、ご家族全員がしっかりお口のケアをして、虫歯菌を減らしてからスキンシップすることをおすすめします。

お母さんの虫歯菌の数が多いほど、お子さんが虫歯になるリスクも高くなります。お子さんのお口の状態を決めるのは、親御さん次第です。生まれてくるお子さんの歯の健康を守るために、ご家族全員で「マイナス1歳」からの虫歯予防に努めましょう。

妊娠中のお母さんを対象とした治療や予防ケアにも力を入れています。

>>「スター歯科」のマタニティー歯科はこちら

「スター歯科」の医院情報はこちら

ページの先頭へ戻る